お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

陸上競技

陸上競技による体の痛み

陸上競技は全てのスポーツの基本動作を使う競技であると個人的には考えています。

『走る』『跳ぶ』『蹴る』『ダッシュ』などの動作がありいかに体が柔軟に働くかで記録が大きく変わってきます。スポーツの競技は反復練習するのが常であり中でも単独要素を専門的に行う陸上競技は同一動作の反復する練習が他の競技に比べて多く同時にケガが多い競技の一つだ。

実際に当院に来院される患者様の中でも中・高校生の陸上部で汗を流してる学生が多く捻挫や肩の痛み・腰の痛みの施術はもちろんの事、関節可動域をアップする施術や筋肉ケアの施術も行っています。

陸上競技の中でも代表的な種目として【短距離】【長距離】【跳躍】の3つに分かれるのでそれぞれの特性や当院での施術内容について詳しく解説していきます。

短距離

短距離は瞬発的に筋肉を最大限に働かせる種目で柔軟に動く筋肉と大きなスライドが出来るかが好記録が出るポイントであると考えています。種目別では走り幅跳び・三段跳び・走り高跳び・棒高跳びがありこれらの競技では大きな推進力を生むために下肢の筋活動が要求され下肢の大きな筋肉の大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋などの急性の筋損傷やこれらに付帯している腱や骨が反復して動かされると肉離れやアキレス腱炎や疲労骨折を発症してしまう。

長距離

長距離競技によるフルマラソンや競歩では長時間によるランニングや歩行動作が求められ有酸素機能や筋持久力が求められ足を地面に着地する動作の回数は大変に多く足首周りの柔軟性が低下してるとケガをする可能性も高くなる。特に多いけがとしては脛骨・腓骨の疲労骨折やアキレス腱断裂などが多い。長距離の種目では体脂肪率が低い方が有利と考えられてる為、その為競技者や指導者は食生活にも注意を図ろうとするがカルシウムなどの摂取が著しく低下すると骨密度が低くなり疲労骨折や慢性症状を引き起こす原因にもなる。

投てき種目

投てき種目は体幹・上肢の筋肉量が重要になってくる。大きなパワーを発揮する競技なので筋量が多く体重が重い選手が多い。走りを重要視しない競技なので筋トレも体幹・上肢によるものが多く筋量も大事だが遠くに飛ばすための肩関節の柔軟性が非常に重要だ。

患部に対するマッサージ治療
電気治療
テーピング

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

045-298-9369

■営業時間
月~金 15時~23時
土   9時~12時
■定休日
土曜午後・日曜・祝日

腱鞘炎

為になるブログ

営業時間

  日祝
× ×
× × × × × ×

営業時間:
①15時~23時
②9時~12時

定休日:土曜午後・日祝

javascript:void(0)