お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

ゴルフ肘

ゴルフ肘とは?

ゴルフを長時間・長期間プレーしていると肘の内側が違和感・痛み場合があります。これは通称ゴルフ肘と呼ばれる疾病で正式名称は上腕骨内側上顆炎と呼びます。

肩甲骨の動きの悪さや手首の関節可動域が悪く無理なフォームになると肘の内側が使い過ぎになり炎症を起こして痛みを発生させてしまうのです。

軽症の場合はゴルフのボールを打つときの痛みのみですが重症化すると日常生活にも支障をきたすので違和感・痛みが出た場合には早期の治療が必要になります。
 

ゴルフ肘の原因

上記にも記載しましたが肩甲骨の動きの悪さや手首の関節の動きが悪いとフォームが崩れて手首で無理に使用するようになり肘に負担がかかるようになります。

その他以下の原因が考えられます。

・グリップを握る際に力を入れすぎている

・ボールがクラブの芯に載しましたが肩甲骨の動きの悪さや手首の関節の動きが悪いとフォームが崩れて手首で無理に使用するようになり肘に負担がかかるようになります。

 

その他以下の原因が考えられます。

 

・グリップを握る際に力を入れすぎている

・ボールがクラブの芯に当たらない

・腰がうまく使えてない

・手打ちになってる

ゴルフ肘の症状

・肘の内側の痛み・圧痛

・手首を握る際に痛み増強

・腕を引っ張られたとき

・ゴルフプレー時

当院の治療法

マッサージ治療
電気治療
テーピング

痛みが強い時は安静にするのが一番ですが、多少の痛みや違和感レベルだと『使いながら治していくのが当院の方針です』マッサージ治療では痛みが出てる肘付近はもちろんですが、関連する肩甲骨周りや手首周辺の筋肉をマッサージする事によって全体的に体が使いやすくなるので早期に症状が改善出来ます。また電気治療では深層筋まで刺激を加える事が出来るので肘自体の痛みも早めに改善できます。

ゴルフのプレー時にはテーピングをしながらすると痛みを感じにくくなります。

少しでも痛み・違和感がある場合は早期の施術が必要です。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

045-298-9369

■営業時間
月~金 15時~23時
土   9時~12時
■定休日
土曜午後・日曜・祝日

腱鞘炎

為になるブログ

営業時間

  日祝
× ×
× × × × × ×

営業時間:
①15時~23時
②9時~12時

定休日:土曜午後・日祝

javascript:void(0)