お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

坐骨神経痛のお尻ストレッチ方法

こんにちは。

旭区・南万騎が原の【いっぽ整骨院】です。

今回は自宅で出来る坐骨神経痛の為のお尻ストレッチを詳しく説明します。

 

そもそも坐骨神経痛とはお尻から足先まで走ってる坐骨神経が炎症を起こして痛みやシビレを発症する疾病です。

炎症を起こす原因としては

・骨盤の歪み

・筋肉の硬さ

・関節可動域の可動障害

です。

 

これらを解消する為には病院や整骨院で治療を受けなければ根本的に改善しません。

しかし、自宅でお尻の筋肉に対してストレッチをする事によって早期に改善していきますのでこのページでは坐骨神経痛のストレッチを分かりやすく説明します。

お尻の下の筋肉を伸ばす

坐骨神経痛ストレッチ

ストレッチを詳しく解説!

両膝を立てます。

片足をもう片方の膝にのせます

息を吐きながら太ももを引き寄せます。

この時に呼吸を止めてしまうと酸素の供給が低下して余計に筋肉が硬くなってしまう可能性がありますので筋肉が伸びてると感じながらストレッチをしてあげるのがベストです。

この太ももを引き寄せた状態で20秒間キープして左右交互に繰り返します。

 

一番のポイントは継続して行う事です。

いっぽいっぽ着実に継続してストレッチする事によって坐骨神経痛の症状が緩和する可能性が高くなります

それでもダメな場合は
いっぽ整骨院での施術を提案!

当院では坐骨神経痛に対して専門的な施術を行っています。

具体的には

・手技施術によるマッサージ治療

・関節可動域を改善させる関節包内矯正法

この2つの施術を組合わせて施術していくことによって症状を緩和させていきます。

 

坐骨神経痛でお困りの場合は旭区・南万騎が原で深夜23時まで診療している【いっぽ整骨院】で根本改善していきましょう。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

045-298-9369

■営業時間
月~金 15時~23時
土   9時~12時
■定休日
土曜午後・日曜・祝日

腱鞘炎

為になるブログ

営業時間

  日祝
× ×
× × × × × ×

営業時間:
①15時~23時
②9時~12時

定休日:土曜午後・日祝

javascript:void(0)