お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

シンスプリント

シンスプリントとは?

下腿部内側の骨膜(骨の表面上)が炎症を起こして痛みを発症すr疾病の事を言い日本語での疾病は『脛骨骨膜炎』と呼ばれます。陸上競技でプレーする中学生に多く根本的な施術をしないと日常生活でも支障が出てしまうので違和感が出た段階で治療を始めないと手遅れになります。

原因としては子供から大人になっていく過程での成長痛、下腿部の筋力低下、過度に繰り返しによる筋肉疲労、姿勢、骨盤の歪みなどが挙げられますが中学生に多い疾患なので新しい競技を中学生から始めて体の使い方なども分からないで無理やり使われて負担がかかるケースが多いので圧倒的に多いのが中学1年生に多いです。

 

整形外科に行けば『安静にしてください』と言われ部活を休ませようとしますが、症状にもよりますが、当院では使いながら治す方針の治療を勧めています。

確かに部活を休ませればその場はいいですがある程度痛みが軽減して競技を再開した際には痛みを誘発してしまう可能性が高いのです。

それならマッサージやテーピング、電気治療で筋肉を緩めて骨盤周りの筋肉のバランスを整えて体を使いやすくした方が治りも早いです。

シンスプリント特徴

下腿部内側に痛みが発生します。

陸上競技でプレーする中学生に圧倒的に多いですが特徴として短距離・中距離・長距離のどれを専門にしてるかで痛みの場所が変わります。

短距離選手の場合、写真のように下腿部の下方部に強い痛みが発生しやすいです。

中距離を専門にしてる選手の場合は下腿部の真ん中付近、長距離を専門にしてる選手の場合は下腿部の上部に痛みを発症しやすいのが特徴です。

当院のシンスプリント治療

  • 患部を含めて腰・骨盤周りから下肢全体に渡ってマッサージ治療。
  • テーピングをして使いながら治していく方針
  • 電気治療で硬くなってる筋肉をほぐします。
  • ストレッチをして体を使いやすくします。

院長から挨拶

代表の荒井です

旭区・南万騎が原のいっぽ整骨院の荒井です。

当院は旭区内では唯一、深夜23時まで診療しています。スポーツ障害診療の中でも発生頻度の多いシンスプリントは下腿部内側に痛みを誘発するもので軽度の場合は違和感程度ですが重症化すると炎症が強くなり日常生活でも支障が出るようになります。

症状を軽減する場合は継続的な通院が必要不可欠になりますが、上記にも記載した通り夜間23時まで営業していますので部活帰りや塾帰りなどでも治療を受ける事が可能な整骨院になっています。

 

当院は完全予約制で診療

当院は完全予約制で診療していますので来院される前は予約をしてからお越しになった方がご案内がスムーズです。

ご不明点がある場合はまずは無料相談フォームから気軽にお問い合わせください。

無料相談フォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

必須

(例:03-0000-0000)

必須

(例:example@example.com)

(例:000-0000)

(例:○○県○○市○○町1-2-3)

  • (例:32歳、50代 など)

    必須

    テキストを入力してください

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    アクセス

    南万騎が原駅から徒歩5分

    保土ヶ谷バイパス南本宿から車で3分

    保土ヶ谷バイパス本村から車で5分

    万騎が原第4バス停から徒歩10秒

    お問合せ・ご相談

    お電話でのお問合せはこちら

    045-298-9369

    ■営業時間
    月~金 15時~23時
    土   9時~12時
    ■定休日
    土曜午後・日曜・祝日

    腱鞘炎

    為になるブログ

    営業時間

      日祝
    × ×
    × × × × × ×

    営業時間:
    ①15時~23時
    ②9時~12時

    定休日:土曜午後・日祝

    javascript:void(0)