お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

むち打ち 後遺症

むち打ちの症状が残ったら

交通事故による怪我でむち打ちと診断されて通院を重ねていたにも関わらず症状が完治しなかった場合、後遺障害申請を出すことが出来ます。

後遺障害申請とは医師が『これ以上通院を重ねても症状の改善の見込みがない』と判断した場合、症状固定という扱いになるのですが、これ以上治療を重ねても改善できないので賠償金で示談して頂けませんか?という申請になります。

後遺障害申請

上記にも記載しましたが医師が症状固定と判断した場合、以降の治療は出来ません。

そうなった場合、後遺障害申請を申請して認定されれば慰謝料が請求できます。

むち打ちの後遺障害申請は症状に応じて2つの等級に分かれます。

①12級の13号

②14級の9号

この2つに分かれます。

では具体的に12級と14級ではどのように違うのでしょうか?

12級13号

『局部に頑固な神経症状を起こすもの』と定義されています。つまりMRI画像やレントゲン画像において神経損傷が著しく認められるものと判断されそれが客観的に証明されるものであれば認定されるものと判断されます。

14級9号

14級の場合、『局部に神経症状を残すもの』て定義されています。つまり受傷時から患部に対して症状の一貫性、それがMRI画像やレントゲンで客観的に証明されなければ認定される確率は低くなります。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

045-298-9369

■営業時間
月~金 15時~23時
土   9時~12時
■定休日
土曜午後・日曜・祝日

腱鞘炎

為になるブログ

営業時間

  日祝
× ×
× × × × × ×

営業時間:
①15時~23時
②9時~12時

定休日:土曜午後・日祝

javascript:void(0)