お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

肩こりと関連する症状

肩こりを放置すると危険!

不適切な姿勢や動作、筋力のアンバランスや骨格の歪みによって発症する肩こりや首のコリは症状が強くなると頭痛めまい吐き気などの二次的症状が出ます。

筋肉の硬さだけが原因の場合はマッサージ治療、ストレッチ、鍼などをすれば解消できますがそれ以外が原因の場合で根本的に改善されてない場合は専門の施術者に診てもらわないと症状の改善スピードが遅くなります。

 

頭痛

肩こりの症状が強すぎると脳に行く血液循環が悪く頭痛や片頭痛が出ます。

めまい

首周りの筋肉が硬い場合自律神経が乱れて体のバランスが悪くなるのでめまいが出ます。

動悸・息切れ

肩に痛みが続く場合、動悸・息切れが続く場合は心臓疾患の可能性もあります。

吐き気・嘔吐

交通事故でむち打ちを発症した場合自律神経が乱れて吐き気・嘔吐などの二次的症状が出る場合がある。

便秘・下痢

肩甲骨が硬いと常に緊張状態。腸の働きを鈍くして便秘や下痢を誘発しやすくなる。

肥満

太った人は首周りに脂肪の重みで首や肩周りの筋肉が硬くなります。

冷え

肩甲骨の動きが悪くなると血液循環が悪くなり全身に血のめぐりが悪くなり冷えと肩こりの悪循環になる。

骨粗鬆症

猫背が強くなった場合は背骨が圧迫されて疲労骨折を起こす可能性があります。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は肩関節の動きが悪くなって首周りの筋緊張が強くなります。

疲れ目

肩こりがひどいと首の付け根がガチガチになり目が疲れやすくなります。

不眠症

慢性的な肩こりが続くと交感神経が優位に働き深い眠りにつけません。

顎関節症

肩こりが慢性化すると首と肩が前に出た姿勢が長く続くので顎周りに負担が強くなります。

肩こり以外の症状が出る前に適切な施術を!

肩甲骨がガチガチに硬まって長年にわたって慢性的な肩こりを抱えてる人は痛みや辛さに慣れて何もせずに諦めてる人が多いのではないでしょうか。しかしただの『肩こり』と安易に考えて放置してると二次的な症状が出ます。

手の痺れが出てきたり肩の動きが鈍くなって腕が思うように動かなくなる場合もあります。頭痛や吐き気・めまいなども誘発する場合もあります。

これらの不調が続くと更に質の良い睡眠がとれなくなり自律神経が乱れて精神的異常をきたすケースがあり肩こりの悪循環につながります。

 

しかし肩甲骨周りの筋肉マッサージや首周りのケアをしても改善しない場合は別の病気が隠れてる場合もあります。肩こりが原因になる場合は筋肉の硬さだけが原因ではないのです。

例を挙げると

①肺がんの場合は肩から腕に神経痛のような痛みが広がります。

②狭心症や心筋梗塞の場合は左胸から肩、左腕にかけて痛みが走ります。

③胆嚢炎や胆石が原因で痛みがある人は右の肩甲骨が原因の場合が多いです。

このように一口に肩こりと言ってもいろんな原因が考えられます。

自分自身で判断しないで一向に改善しない場合は肩こり治療に特化してる旭区・万騎が原のいっぽ整骨院で診させて頂ければ幸いです。

無料相談フォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

必須

(例:03-0000-0000)

必須

(例:example@example.com)

(例:000-0000)

(例:○○県○○市○○町1-2-3)

  • (例:32歳、50代 など)

    必須

    テキストを入力してください

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    お問合せ・ご相談

    お電話でのお問合せはこちら

    045-298-9369

    ■営業時間
    月~金 15時~23時
    土   9時~12時
    ■定休日
    土曜午後・日曜・祝日

    腱鞘炎

    為になるブログ

    営業時間

      日祝
    × ×
    × × × × × ×

    営業時間:
    ①15時~23時
    ②9時~12時

    定休日:土曜午後・日祝

    javascript:void(0)