お気軽にお問合せください

営業時間:平日15時~23時
 
        土 9時~12時   
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談

045-298-9369

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は関節痛の一種で正式な疾病名は『肩関節周囲炎』と呼びます。

名前の通り肩関節周りに強い炎症が生じて痛みが出て個人差にもよりますが、重症だと少し動かしただけでも刺すような痛みが出ます。動かすだけで痛いわけですから就寝時で寝返りするときなども痛みで起き寝不足なども続くので早期から治療をしないと疲れが取れにくい体にもなってしまいます。

 

発生原因は医学的には解明されていませんが有力説としては肩関節の腱板が炎症を生じて痛みや関節可動域制限で腕をスムーズに動かすことが出来なくなります。

痛みの種類で3段階に分けられる

四十肩・五十肩は症状に応じて3段階で分けられて段階によって治療方法も異なるので第一に専門医に診てもらう事が大事になってきます。初期は炎症期から始まりその後に拘縮期、最後に回復期に突入してこの頃には腕の動きもかなり改善します。

炎症期

五十肩の初期段階で強い炎症が出ます。この時期が一番痛い時期です。

安静に。

この時期は動かしてはいけません。肩の動きを良くしようと思って無理に動かすと余計に炎症が出て痛みが強くなります。

拘縮期

拘縮期になると炎症は消失され強い痛みはなくなります。しかし肩関節周りに石灰が生じて肩関節の動きに制限が出ます。

積極的に動かす。

強い痛みがなくなったら炎症期は終わったと判断してもいいので積極的に動かしましょう。関節周りが硬まっているので無理にでも動かさないと動きが悪くなります。

回復期

回復期は肩関節周りの石灰が取れてきて徐々に動きが良くなる段階でここの段階に入るともう一息です。

スポーツなどをして更に動かす。

この段階に入ったら更に積極的に動かしましょう。石灰化が生じていた関節もスムーズに動かすことが出来るので日常生活でも痛みが出る動作が少なくなります。

五十肩の症状

  • 夜間痛(夜寝るときなど)
  • 服を着替える事が困難
  • 手を腰に当てる事が困難
  • 電車で吊革を握ることが出来にくい
  • 後頭部に手を廻すことが出来にくい
  • シャンプーをする時が困難

いっぽ整骨院の五十肩の治療法

上記にも記載しましたが段階ごとによって治療方法は異なります。まず炎症期にはなるべく肩関節は動かさずに周りの筋肉をマッサージ治療でほぐします。

関節は動きは悪いのですが肩甲骨周りの筋肉は硬くなってしまうのでマッサージでほぐします。

その治療を継続的に行うと炎症は消失するので拘縮期に突入する形になります。拘縮期は五十肩の時期では一番長くこの時期に根本的に治療が出来るか出来ないかで治療期間が大きく変わってきます。具体的には関節周りに石灰が生じているので肩関節の動きが制限されるのです。治療では手技治療で肩周りの筋肉をほぐして肩関節の動きを良くするリハビリをします。

積極的に動かすことによって石灰化された関節に徐々に動きが出て関節可動域が良くなります。

回復期に移行すると更に動きを良くするために筋トレリハビリを導入します。

まとめ

五十肩を発症した際は段階別で治療法・リハビリ方法が異なります。温めた方がいい時に冷やしたり安静にした方がいい時期なので積極的に動かすと治りが遅くなるどころか余計に悪くなる可能性があります。

旭区・万騎が原のいっぽ整骨院では診察力に力を入れて原因部分究明に力を入れていますので痛みや違和感で困ってる場合は是非、受診して診させて頂ければ幸いです。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せはこちら

045-298-9369

■営業時間
月~金 15時~23時
土   9時~12時
■定休日
土曜午後・日曜・祝日

腱鞘炎

為になるブログ

営業時間

  日祝
× ×
× × × × × ×

営業時間:
①15時~23時
②9時~12時

定休日:土曜午後・日祝

javascript:void(0)